moccyannel’s diary

都会から田舎に移住した服飾デザイナーが書くブログ。

簡単でなるべく安価なウッドデッキを作ろう!作り方編。

前回構想編をやりましたので次にいきます。
moccyannel.hatenablog.jp



では実際に作り方に行きましょう。

流れ的には

素材を決める。
設計図書く。
必要な材料を決めて数量を把握。→ここまで完了済み

下地調整。

基礎設置。

大引き設置。

床材加工、設置。

仕上げ。

 となっています。

やっぱなんでも段取りって大切なんですよね。

やってていろいろ不具合出てきて実感しましたw

 


では下地調整からいきましょう。

これはブロックを置く下地を作るということです。

犬走りの所はそのままブロックおいちゃうんですが

土部分があるのでそこは処理しときます。

雑草ってどこにでも生えますからね。

除草シート、砂利を敷いて、その上に砂を引いて平らにしたら

コンクリートブロックを置いていきます。

こんな感じで除草シート+砂利を敷きます。
f:id:moccyannel:20210224151222j:plain


この砂利は元々この土に混ざってた石をふるいにかけてでた石です。

新しく砂利を買うことなくなんかうまく収まってくれましたw

そうしたら石だけだとなんかデコボコしてるので

砂を上にのせて平らにして
f:id:moccyannel:20210224151501j:plain


ブロックをのせていきます。
f:id:moccyannel:20210224151624j:plain
 

ブロックはコンクリート用の接着剤で2つ繋げておきます。

使った接着剤はこちら


掃き出し窓との兼ね合いで厚みが15cmと12cmのものを繋げています。

鋼製根太が厚み4cm、足場板が厚み3.6cm

合計34.6cmこれが我が家のウッドデッキの高さになります。

これが奇跡的に我が家の掃き出し窓と面一になるという快挙を成し遂げます。

そもそも犬走りは平らではなく水勾配がとられているので

その延長線上に左側の下地調整した部分にブロックがあるようにします。

なので縦の長い部分の水平がとれてればいいです。
画像の赤の方向ですね。
f:id:moccyannel:20210305094516j:plain

屋根のない所があるので雨があたった場合水勾配があった方が

耐久性はいいだろうということで水平とかには作らなかったです。


ちなみにこのブロックの間隔も結構適当で

最初90cm間隔にしようかなと思ったのですが天板を固定しない、

なおかつ大引き、根太と交差したりする下地もないのでだいたい65cmほどの間隔になっています。

屋根とか床下換気口とかの兼ね合いでどうしても均等にはならず
たまに75cmとか60cmとかになることもあります。

最初強度を気にして45cmにしようと思ったのですが45cmにしてしまうと間隔が狭すぎて床下に何もおけなくなってしまいました。
 
ある程度縦、横のブロックの位置が決まったら鋼製根太を取り付けます。

鉄鋼根太は

ここで買いました。

カットもお願いしました。

工場があるのでそこまでとりにいければ送料もかからず

めちゃめちゃ安く買えます!

僕は長野県に住んでいるのでとりにいけたのでちょうど良かったです。

とりに行けるのであれば近場ではダントツ安かったです。

切断面のメッキ加工はしてないので自分でしておきます。

メッキ部分が剥げて鉄がむき出しのところからドンドン錆びていってしまうので自分でメッキ塗装です!

なんかメッキ塗装できるスプレーが売っていたのでそれを吹いておきました。

これですね。

有名なのはローバルってやつみたいです。

とりあえずなんか塗っとかないとサビサビになっちゃうのでなんか塗るといいです。

鋼製根太を並べて大丈夫そうなら鋼製根太に穴を開けてコンクリートブロックに固定していきます。

鋼製根太に開けた穴部分もメッキ塗装しておきます。
f:id:moccyannel:20210305102052j:plain

あとはコンクリートブロックに穴開けてコンクリート用ビスで留めていきます。

こんなやつですね。


 コンクリート用のドリルで穴を開けてコンクリートビスを留めるだけですが、
コンクリートブロックに穴開けるの。。。。めちゃくちゃ音がします。

 

想像を超える音だったので速攻でお菓子屋さんにいって近所に配りにいきましたw

 

みんな優しかったですw

あとテラス屋根がある場所は幅150cmほどあるので中間に鋼製束をいれておきました。
鋼製束は上下の調整ができて楽なのでコンクリートブロックを半分に割って
その上に床職人ってボンドで鋼製束を固定して鋼製根太にドリルビスで固定します。
f:id:moccyannel:20210305102617j:plain

コンクリートブロックに鋼製根太を留めたらあとは床板を切って

上に置いていくだけです。

f:id:moccyannel:20210305102923j:plain


床板は足場板なので表面がガッサガサしてます。

すべての板にサンダー掛けをしてある程度の滑らかさのある表面にしておきます。


全部の床板を切ったら防腐剤を塗ります。

余っていた防腐剤と安い防腐剤を使いました。
使ったのはこちら

 
ウッドデッキ作ろうと思ってる人はみなさんご存じでしょうが
安定と実績はキシラデコールです。

ただ高い。。。。



できるだけ安い塗料と思いこの塗料にしました。

値段的にもクレオトップ一択だと思っていたのですが、

 我が家には子供がいるので
子供も一緒に塗るなら水性だな、と思ってカンペハピオの塗料になりました。


塗ったら何枚かの板を30×40mmの板でくっつけます。

f:id:moccyannel:20210305104605j:plain
 

これを上に置いておくだけですね。

30×40mmの板が引っかかってずれて落ちることはないので安心です。

こんな感じになります。
f:id:moccyannel:20210305104757j:plain


100均でこんなものをみつけたので
f:id:moccyannel:20210305105009j:plain
 
板と板の隙間に引っ掛けて
f:id:moccyannel:20210305105028j:plain

持ち上げたら収納になります。
f:id:moccyannel:20210305105124j:plain
これは畑で使う寒冷紗ってやつなんですが、
大量にあるので収納に困ってました。


これで無事完成といきたいのですが、続きがあります。

長くなりましたので次回となります。


ではまた!

簡単でなるべく安価なウッドデッキを作ろう!構想と使った素材編

庭にでるのに少し不便さを感じていたので庭にウッドデッキを作りました。

なんか書いてて長くなりそうなんで何回かにわけます。

 

今回は構想編です。

 

 

作ったのはこんな場所。

 

f:id:moccyannel:20210224142329j:plain

 

 

手前側にはテラス屋根っぽいのがあるんですが奥の方はありません。

 

なので屋根がある所はギリギリまで出しますが、屋根がないところは幅90cmくらいの幅にします。

 

f:id:moccyannel:20210302093908j:plain



右側に屋根がありますね。屋根のあるギリギリまで床がきてほしいので

右側の方は1m50㎝くらいの幅にします。

 

全体の長さは12m50cm位ですね。

 

なんか業者に頼むとなかなかのお値段がしそうなので自分でやります。

 

DIYなのでポイントは

1.簡単

2.安価

3.耐久性ある

4.メンテナンス楽

5.機能性がある。

 

1,2,3のバランスが大事ですね。

お金かけたらかけた分だけクリアできると思うし

かけなかったらかけなかった分耐久性、メンテナンス性に欠けるんだろうな、

ってことですよね。

 

5は床下を収納にしたかった、あと冬になると床下換気口を閉めるのでその

開け閉めができるようにしたかった。ということです。

 

で、僕が選択したのは。

 

基礎部分がコンクリートブロック。

根太が鋼製根太。

床板が足場板。

 

ということになりました。

 

 

ウッドデッキは土台の部分が先に腐るとのことなので土台部分は

腐りにくい素材としました。

 

土台の腐る理由としては防腐剤塗れないとか水がたまるとか

いろいろあるんでしょうがとりあえず腐らない素材にしとけば

問題ないでしょう。

 

これで土台部分は20年くらいノーメンテでいけるんじゃないかと期待しています。

(本当にそうだろうか、いやそうであってほしい。)

 

 

 必要なメンテナンスは床板の防腐剤塗ることだけでしょう。

今回作ったのは床板を固定しないので裏面も濡れる!

より、耐久性も上がる!と見込んでおります。

 

もし腐っても足場板なのでホームセンターですぐ買えます。

 

 

 

 

今回はお金を節約しつつのDIYだったので基礎部分はコンクリートブロック一択でした。

束石って値段も高いし、束柱とかも用意するのも結構大変なのでコンクリートブロックを積み重ねて高さをだそうと考えました。

 

大引きには鋼製根太を使用。

先ほど言った木では腐ってしまうという理由で金属製になりました。

 

ホームセンターで売っている角パイプにしようとしてたんですが

すごくいいものをみつけてしまいまして。

これです。

 

ウッドデッキ用の鋼製根太なんですが、

値段がバカ安でした。

他のところだと値段が倍近いするところもあったりするので

諦めていたのですがこれを見つけた時にちょっとした

ランニングハイになりました。(走ってないけど)

 

しかも倉庫までとりにいけば送料かからないとのことなので

取りに行きました!

車でとりにいける場所でほんとによかった。。。

往復3時間かかったけどぉ。。。

 

高速カッター買おうとしたんですけど

なかなかの値段したので

カットもやってもらいました。

 

ただカットした面にメッキ塗装はしてなかったので

そこは自分でしました。

 

ジンクスプレー 420ml) シルバーグレー
 

 ぼくが使ったのはこれです。

 

有名なのはローバルというスプレーですね。

 

 ま、なんでもいいから塗らないととりあえず塗ってないところからバンバン錆びていくそうです。

 

床板は杉の足場板です。

 

土台がすべて腐りにくい素材なので床板も樹脂製にしようとか

腐りにくい木(イペ、ウリン、イタウバ等)を使うとかも

考えましたがここで奇跡が起きます。

 

基礎部分をコンクリートブロックにした場合のデメリットは

高さの調整が難しいということです。

 

調整する場合は床を掘ったり土を入れて高くしたりしなくては

いけないので結構大変です。

また、今回作るウッドデッキの地面は犬走りになるのでコンクリート

削ったり、モルタルで盛ったり、めんどくさいし出来る気がしません。

 

なのでだいたい面一になってればいいか、

最悪5cm位の段差ならOKだろ、と思っていました。

 

しかし、今回作ろうとした場所の

地面から掃き出し窓までの高さが

コンクリートブロック2個+鋼製根太+足場板

でだいたい面一になるという奇跡が起きたのです。

 

計算して二度見しましたw

 

こうなってくると他の素材を使うわけにはいかない。

 

なんといっても足場板。。。。。

 

好きなんですよ。

 

 

無骨な漢を感じさせる木材といっていいでしょう。

 

残念ながらさんざんヤスリがけをするはめになるのですがw

 

 

足場板は赤身が多い木を選ぶと腐りにくいらしいです。

 

内装では赤身のある板ってちょっとお値段安い気がするんですが

外装ではいいみたいですよ。

 

2×4は外装には向かない素材なのでできれば辞めた方がいいみたいです。

 

でも屋根のあるウッドデッキならありだと思います。

 

我が家には違う場所にウッドデッキあるんですが

少なくとも5年は空き家状態だったらしいので最低でも5年はノーメンテ、

現在2年半住んでるので7年半以上はもっています。

 

実際にはそんな空き家になるギリギリに作ることなんてないと思うので

大分作ってから時間はたっているのだと思いますが

とりあえず床が抜けるとかそんな感じでは全然ないです。

 

なので屋根があると耐久性に雲泥の差がでると思われます。

 

今回は屋根のあるところとない所があるので何年後かに

またその辺を書ければいいかなと思っています。

 

また、床下収納にするので床板は土台に置くだけとします。

何枚か床板をつなげて置くというシンプルな構造で

表にビスがでないのでここでも耐久性が上がるのではと

思っています。

 

 

最後に今回のウッドデッキではみんなあまりやらないであろう

ハチ対策をしました。

 

猫とかが入らないように幕板をはることはあると思うのですが

実はウッドデッキってハチが巣を作るらしいんですよ。

 

我が家は田舎なのでハチがわんさか出てきます。

 

去年、人生初のハチに刺されるという怖い体験をしたので

 

ウッドデッキに巣を作らせないよう、対策しました。

 

次回以降の作り方編で書いていこうかと思います。

 

 

ではまた。

廃材で、小屋を作る。

我が家には雨漏りする倉庫があるって話以前しました。

moccyannel.hatenablog.jp

 

f:id:moccyannel:20210222121543j:plain

この右側が倉庫ですね。

 

そこに耕運機がおいてあるのですが、

もれなくブルーシートも載せなくてはいけません。

あまり倉庫の意味がないんですね。

 

この倉庫、いつか壊したいと思っているのですが、

倉庫を解体してもこの耕運機の居場所がないので作ってあげることにしました。

 

最終的には小屋、倉庫、みたいなものをこの倉庫の場所付近に自分で作りたいので、

できるだけ簡単に、ある程度の耐久性があって、お金がかからない。

そんな倉庫を作ろうと考えました。

 

使ったのは農業用の支柱、あとは家でDIYで使ったものの廃材、

この倉庫の屋根とかを解体した時の廃材もつかいました。

なので今倉庫はこうなっています。

f:id:moccyannel:20210222125925j:plain

なんかいろいろなくなってるでしょ?w

 

 

で、完成した一時倉庫がこちら。

f:id:moccyannel:20210224120339j:plain

畑を狭くしてしまうんですが場所的にここが一番いいので作ってしまいました。

 

わかりますか、前面だけ気合入ってるのw

 

後ろなんて

f:id:moccyannel:20210224121359j:plain

こうですからねw

 

でもね

f:id:moccyannel:20210224121427j:plain

f:id:moccyannel:20210224121434j:plain

ちゃんと耕運機入るんですよ。

 

入ったらなんでもいいでしょw

 

何年もつかわかりませんがとりあえず新しく倉庫作るまでは

ここに色々入れておきます。

冬対策でしたこと。2階にいかない!

今年の冬は寒かった!

今も寒いけど!

 

長野県は寒い、最低でマイナス10度くらいまではいくんですね。

 

なので部屋の温度が朝測ると2度とかになってしまいます。

 

これでも断熱がんばったので上がった方です。

 

初年度はマイナスになってました。

 

 

我が家には5歳の子供がいるので寝てる途中でトイレタイムがあります。

 

おねしょ問題はこの冬の寒い時期に大変辛いです。

 

なんせ、我が家の寝室は2階。

 

なのでわが子を抱っこして階段を下りておしっこさせてまた階段上がって。。。。

 

しんどい。

 

寒い上に重いw

 

これを毎日は大変なので今年は冬の間1階で寝ることにしました。

 

よって2階の寝室を使うことがなくなったのでその間、閉じてしまうことにしました。

 

f:id:moccyannel:20210224091404j:plain

こんな感じの階段なんですが、ここを塞いでいきます。

 

冬は廊下にも石油ストーブをつけるんですが熱気がこの階段をつたって上に逃げてしまうのでロールスクリーンを上につけています。

 

f:id:moccyannel:20210224091757j:plain



少しでも意味があるかなと思ってやってみましたが、

効果は、、、どうでしょうか、やらないよりはましって位でしょうね。

 

横から空気が入っちゃうんですよ。

 

f:id:moccyannel:20210224092343j:plain

 

なので廊下の温まりを早くするのと少しでも灯油の減りを少なくするために、

 

塞ぎました。

 

f:id:moccyannel:20210224092501j:plain

発泡スチロールですね。

 

断熱材よりこっちのが安いしね。

 

最終的にはロールで目隠ししちゃうのでロールの存在意義がここでできました。

 

f:id:moccyannel:20210224092020j:plain

 

やっぱり熱が上にいかないので暖房がすぐにききます!

 

廊下は玄関があるのでめちゃくちゃ寒いんですよ。

 

これは効果がありましたね。

 

 

 

 

あと、断熱とは関係ないんですが

階段に滑り止めをつけています。

 

f:id:moccyannel:20210224092717j:plain

この横の棒みたいなが滑り止めです。

f:id:moccyannel:20210224092725j:plain

 

こっちに来た時には子供が3歳、

今までマンション暮らしですから階段が家にあることはなかったんですね。

で、やっぱり階段で遊んじゃうので怖くて滑り止めを付けました。

 

子供を抱えて階段下りるとか滑ったら大惨事ですし。。。

 

これもないよりあった方がいいと思いますね。

 

 

 

そんなわけで今年の冬は2階にいかない!ってことでした。

 

たまに空気の入れ替えで行くことにはなりますがやってよかったかな。

 

 

 

 

風で飛ばされそうな倉庫の屋根、取ったよ。

こんにちは

 

 

我が家には壊したいんだけどまだ壊せてない倉庫があるんですが、

f:id:moccyannel:20210222121543j:plain

住む前の倉庫

この写真の右側にあるのが倉庫ですね。

これ、住む前からなかなかやられてまして、

いまでは雨漏りしちゃってるんです。

もうすでに倉庫の役割をはたせてないわけです。

 

今年には外壁も塗りたいんで屋根だけでも撤去して外壁塗りやすいようにしたいんで少しずつ撤去しております。

 

今現在は少し撤去していてこんな感じ。

f:id:moccyannel:20210222125925j:plain

で、最近風が強くて上の屋根材が飛んでいきそうなんですよ。

 

うち、近所のみなさんと家が近いんですよ。

 

なんで屋根が飛んで誰かに当たったらとか恐ろしいのでペラペラになってる部分だけでも先に撤去することにしました。

 

f:id:moccyannel:20210222130139j:plain

上に登ってみたらこんなんでしたwww

屋根の意味!!!!!w

 

f:id:moccyannel:20210222130257j:plain

バールで釘の付近たたいてあとは手でガシガシ取って行きます。

 

もうもろいんで手でバリバリはがれますw

 

f:id:moccyannel:20210222130401j:plain

撤去したらこんな感じ。

 

ただ、問題がひとつあって、

下から見るとこんな感じなんだけど。

 

f:id:moccyannel:20210222130507j:plain

ここにタマネギとか吊るしてるんですよ。

 

f:id:moccyannel:20210222130526j:plain

雨とか当たらないか心配です。

 

今年はカゴで保存かなぁ。。。

f:id:moccyannel:20210222130550j:plain

長期に渡って保存できる野菜は保管場所も食うので

今年は保管場所も新たに作らなくてはなりそうです。。。

 

 

 

 

悩みはつきない。。。

 

 

ではまた。

 

また壊れたよ綿繰り機、だからまたほぼ一から作り直した件について

こんにちは

 

昨日少し言ったんですけど、

 

また壊れたんですよ。

 

自作綿繰り機。

 

moccyannel.hatenablog.jp

 

ここで言ってるんですが丸棒が歯車から受ける衝撃に耐えられず割れてしまったり、衝撃の蓄積で鬼目ナットがゆるゆるになってうまく綿繰りできなくなってしまうんですね。

f:id:moccyannel:20210222111816j:plain

 

もう、これは構造上の問題だってことで作り直そう!ってことになりました。

 

今回は丸棒を25mmに太くしました。

 

なので歯車も25mmのものに交換です。

 

そのまま使えるものは流用、使えないものは新しく作り直したいと思います。

 

とりあえず丸棒が大きくなるのでサイドにある土台は交換ですね。

廃材を使います。

 

f:id:moccyannel:20210222111623j:plain

左の木に穴を開けてからのこぎりで縦に切ります。

 

f:id:moccyannel:20210222111724j:plain

くりぬいた木も隙間の調整用に使うので捨てずにとっておきます。

 

幅は同じにしようと思うので解体して流用します。

f:id:moccyannel:20210222112237j:plain

f:id:moccyannel:20210222112245j:plain

この外した木と同じ長さで違う幅の木をもう1本用意します。

 

こんな感じになりました。

f:id:moccyannel:20210222112354j:plain

 

長い板も用意して
土台にくっつけておきます。

 

f:id:moccyannel:20210222112534j:plain

この赤い板、裏は茶色です。

 

あとは土台を組んでいきます。

f:id:moccyannel:20210222112551j:plain

f:id:moccyannel:20210222112654j:plain

この後天板をつけて

 

f:id:moccyannel:20210222113313j:plain

 

調整用の木の加工をします。

 

最初に木に穴を開けてくり抜いた時に残しておいた木を切って丸棒2本が入っても入る形にしておきます。

どっちがどっちの調整板か書いておきました。

f:id:moccyannel:20210222113036j:plain

上から押さえつけても変形しないように、ずれないように

上に穴をあけます。

 

f:id:moccyannel:20210222113156j:plain

この穴にワッシャーをいれます。

 

f:id:moccyannel:20210222113217j:plain

 

これを天板にボルトを入れて丸棒を抑えつけるので

天板にボルトが入る穴をあけます。

 

f:id:moccyannel:20210222112817j:plain

次に丸棒の加工と取っ手の取り付け、歯車の取り付けです。

 

丸棒の長さを確認したら印をつけて切っていきます。

切るのはパイプカッターで印をしたところに

傷をつけてそれを目安にのこぎりで切るとわりときれいにまっすぐきれました。

 

f:id:moccyannel:20210222113731j:plain

 

切ったら歯車をつけていきます。

 

f:id:moccyannel:20210222113909j:plain

f:id:moccyannel:20210222113907j:plain


今回は鬼目ナットを使わず、ビスで止めていきます。

やはり接着剤も使ったほうが固定できるだろうなってことで

接着剤も併用しています。

 

が、、、、歯車の素材がよくわからず、

そもそも木とこの樹脂みたいな、金属みたいなよくわからないものを

接着できる接着剤がわからないなってことで、

 

適当にG17というボンドでつけています。

 

このG17というボンドは革製品を作る時なんかによく使っていてもっていたのでとりあえず使ってみました。

 

がっちり固定できるかはわかりませんが、とりあえずないよりはましだろう。

と、使ってみました。

 

とりあえず固定はできてるみたいです。。。。

 

今後どうなるかはわかりません。

 

なんかあったらまた書きますね。。。

 

で、取っ手を作っていきます。

 

以前は適当な金属の接続金具を使って取っ手を作っていたのですが

やはり木をボンドで付ける、ってのが一番良かったので今回もそうします。

 

こんな端材を用意して

f:id:moccyannel:20210222114617j:plain

ある程度角を丸くしたり、やすりをかけたりした後。

 

半分くらい穴を開けて

f:id:moccyannel:20210222114907j:plain

その穴より小さい穴を貫通させるところと、

丸棒をつけるように半分より深めの穴を丸棒のサイズの径で開けておきます。

 

f:id:moccyannel:20210222114921j:plain

これを丸棒にボンドで固定していきます。

 

f:id:moccyannel:20210222114959j:plain

f:id:moccyannel:20210222115009j:plain

f:id:moccyannel:20210222115023j:plain

 

後はボルトを反対側に通して。

f:id:moccyannel:20210222115053j:plain

前の取っ手で使っていた木を通して。

f:id:moccyannel:20210222115116j:plain

ナットで蓋をすれば完成。

 

f:id:moccyannel:20210222115141j:plain

 

ちゃんと入るか確認して

 

f:id:moccyannel:20210222115237j:plain

 

隙間調整用のボルトをいれて、

丸棒が左右に移動しないように金属金具を固定して

 

下で綿と種が混ざらないように板をつけたら完成!!!!!

 

f:id:moccyannel:20210222115351j:plain

 

f:id:moccyannel:20210222115633j:plain

 

表の下にダンボールで箱を作って種が落ちるようにしました。

 

f:id:moccyannel:20210222115857j:plain

 

 

いままでで一番快適に綿繰りができます!

 

これで今回の綿繰り分くらいはもう作り直さずに終われるかな。。。。?

 

 

ではまた。

 

 

 

今回使ったボンド

 

ボンド G17 170ml(箱) #13041

ボンド G17 170ml(箱) #13041

  • メディア: Tools & Hardware
 

 

 

 

紅はるか  至高のスイートポテト

こんにちは、

 

先週の土曜の話なんですけどね。

 

もう焼き芋にできそうなサツマイモは終わってしまったんですが。

 

小さなサツマイモは余ってたんですよ。

f:id:moccyannel:20210222101612j:plain

で、金曜日の子供の保育園のおやつがスイートポテトで

子供がおいしかったって帰ってきて語るので、

もうスイートポテトが食べたくてしょうがなくなっちゃったんですね。

 

僕スイートポテト大好きなんですよ。

 

僕の家庭ではスイーツ作るのは嫁様ってなんか暗黙の了解があって

いつも任せてしまうのですが、

いきなり準備もなく作れるのかなってことで

おそるおそる嫁様に言ってみたんですよ。

 

スイートポテト作れない?って。

 

 

そしたら作れるって話になって、

子供も一緒に作るってなって、

 

そしたら僕一人になれるんで

作ってる間、僕はひたすら綿繰りをやるわけです。

そしてまたしても綿繰り機が壊れるのですが、

その話は後日。。。。。

 

で、完成したスイートポテトがこちら。

f:id:moccyannel:20210222101615j:plain

 

ピントw

即席なので見た目はあれですけどね。

 

f:id:moccyannel:20210222101608j:plain

 

カフェオレとの相性はバツグンでしたよ。

 

 

紅はるかって糖度の高い甘いサツマイモなのでなにもしなくても

甘いんですけど、お菓子にしても良い甘さ。

 

舌ざわりも滑らか。。。

 

これ、、、何個でもいける!!!!!

 

マジで人生一でした。

 

最後の残ったさつまいもだったので

少ししか作れなくて残念。

 

焼き芋もうまいけど紅はるかのスイートポテトは至高の存在だったよって話でした。

 

さつまいもは育てるのに手間のいらない野菜なので畑の場所が余っていたらおすすめですよ!

 

ではまた。